このようなお悩みはまつかわ法務事務所にご相談ください。

相続について相談したい

遺言書を

つくりたい

447280.png

不動産の名義を変えたい

財産の管理が心配

464547-2.png

みなさまの「家族(くらし)とお仕事の法務パートナー」として、いろいろな “どうしよう” の解決に役立つリーガルサービスを提供いたします。

〈事務所概要&代表者挨拶〉

司法書士・行政書士まつかわ法務事務所のホームページにお越しいただき、ありがとうございます。
 
当事務所は、奈良県生駒市の中部に事務所を設置しており、「身近なくらしの法律家」として、豊富な専門知識をもとに、地域のみなさまの生活と安心をサポートいたします。

多くの方が人生の中で一度や二度は遭遇するくらしの中での法律問題。 

遺言のこと、相続のこと、不動産登記のこと、成年後見のこと…困ったときは、お気軽にご相談ください。
 
すべての業務を、誠実に、そして丁寧に対応させていただきます。

〈業務内容〉

 

遺言書作成支援
(公正証書・自筆証書)

会社・商業登記

後見・財産管理

紫色の花畑

〈Column〉

遺 言

近年、遺言に関心を持つ人が増えています。 

ただ、「いずれ作りたい」「作り方をくわしく知りたい」とは思っていても、 実際に遺言を作っている人は、まだまだ少ないのではないでしょうか。

遺言書があれば、財産承継の手続は比較的スムーズに進みます。 

しかし、財産内容・家族構成・ライフスタイルに対する考え方や価値観は、 人それぞれですので、本当にその人に合った遺言を作るのは至難の業 ともいえます。 

また、せっかく遺言を作って胸をなでおろしていても、その遺言が、トラブルのきっかけとなってしまうケースもあります。

〈ないと困る遺言〉

~遺言を作った方がよいケース~

  • 子どもたちがいないので、配偶者にすべての財産を遺したい。

  • 子どもたちの仲が悪いので、あらかじめ財産分けを決めておきたい、家業を継ぐ子に財産を継がせたい。 

  • 介護してくれた長男の嫁にも財産を渡したい。

  • 相続人がいないので、慈善団体に寄付したい 。

  • 内縁の妻に財産を渡したい 。

  • 子を認知したい 。

  • 二男の相続資格を奪いたい(相続人の廃除) 

  • 相続人が外国在住だ、外国籍だ 。

  • 財産が国外にある 。

  • 財産に占める不動産の割合が高い。 

  • 生前に贈与する口約束をした 。

  • 資産を上回る負債がある(債務超過)

〈あっても困る遺言〉

~トラブルの原因となり得るケース~​

  • 法律で定められているルールに従っていない 。

  • いろいろな解釈ができる内容だ。 

  • 「全財産」とあるけれど、財産の明細が記載されていない。

  • 財産は書かれているけれど、具体的に特定できない。

  • 「土地」は特定されているけれど、私道の記載漏れがある。

  • 遺留分への配慮がない。 

  • 作成後、財産の内容やバランスが変わった 。

遺言書は、ご本人様が亡くなられたあと、その想いを実現するための大切な設計図です。

また、遺されたご親族間の争いを防ぐためのものであり、最後のメッセージです。 

当事務所では、「遺したい人」「受け継ぐ予定の人」「遺言をこれから書こうと思っている人」に適切なアドバイスを提供し、ご本人様の気持ちに沿った遺言書作成のサポートをいたします。